英国の遺言書

遺言書とは、自身の不動産、金融資産、個人所有物等を自分の死後、誰に譲渡するかを書き残した書類で、以下の項目を記載します。

*相続人氏名
*18歳未満の未成年者が居る場合、誰を後見人と指名するか
*相続執行人
*指定した相続人が自分より先に死亡した場合、どうするか

そして、以下の場合は、専門家の助言を求める事が望ましい。
*配偶者以外の人と不動産を共有している場合
*18歳未満の未成年者に資産を遺したい場合
*再婚等して、複数の家族(子・孫等)が居る場合
*定住地が英国外であったり、海外に資産を所有している場合

遺言書が英国で法的に有効である為には、以下の条件を満たしている必要が有ります。
*遺言書の作成者本人が18歳以上である事
*本人の自由意志・健全な精神状態で遺言書が作成される事
*書面で作成される事(音声テープやビデオは不可)
*18歳以上の成人2名の証人の面前で本人が自署する事
*本人の面前で成人2名の証人が署名する事

遺言書はいつでも何回でも修正出来ますが、以下の場合は見直しが必要です。
*配偶者と別居、又は離婚した場合。
*結婚した場合
*子供が生まれた場合
*転居した場合
*遺言書に記載されている相続執行人が死亡した場合
遺言書を修正した場合は、作成した時と同様に、成人2名の証人の面前での本人の自署、及び本人の面前での証人2名の署名が必要です。

遺言書は、唯一原本のみが有効で、コピーは何の法的効力が有りません。原本は、自宅の金庫・弁護士事務所・銀行・遺言書保管代理店・London Probate Service等で大切に保管し、そして、親族・近親者にご自身の遺言書が何処に保管されているか事前に連絡しておく事が大切です。

詳しくは、以下のサイト を参照願います。

GOV.UK – Making a will
https://www.gov.uk/make-will